米、消費者マインド6年ぶりの低下。これは何を意味するのか?

No.1022  8月の米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は6年ぶりの大幅低下となり、トランプ米大統領が就任して以降で最低の水準となった。(8/31/1:49/ブルームバーグから)。  確定値は89.8で前月98.4より8.6ポイント低下した。2016年10月以来の低水準だが、低下幅は2012年12月以降で最大(ブルームバーグ前同)。  これは何を意味するのだろう? 9…

続きを読む

やっぱり消費税増税分を値下げするための値引きってまだあるのか?

No.1021  消費税率が10%に上がる10月を控え、中小・零細企業の経営者は、取引先への納入価格に増税分を上乗せ(転嫁)できないと不安を募らせている。日本商工会議所が五月に実施した調査によると、税率10%への引き上げの一部または全部を、価格に転嫁できないと答えた中小企業の割合は計32・1%に上った。売り上げ規模が小さいほど転嫁できない傾向が強かったという(8/30/07:08/「東京」…

続きを読む

内閣府「消費者態度指数」11か月連続悪化。消費税増税は?

No.1020  内閣府の「消費者態度指数」は、2人以上の世帯の今月の指数は37.1で、前の月を0.7ポイント下回り、11か月連続で悪化した。内閣府は、「前回、5年前の消費税率引き上げ直前にも統計は同じような動き方をしていた」と話している(8/29/15:49/NHKオンラインから)。  消費税増税前に今月も消費者態度指数が低下している。実際に低下するかは定かではないが5年前の消費税…

続きを読む

統計数字は米国の景気後退は時間の問題だとしているが?

No.1018  米国に「マカリー指標」というのがあるそうだ。設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が、前年比の3カ月平均がゼロを下回った時、2001年と07年のリセッションの先触れになった。この指標は2017年11月以降、下降傾向にある。2年物米国債と10年物の利回り逆転よりも信頼できるリセッション指標と言える。現在は0.3%。(8/27/12:55/Blo…

続きを読む