報道番組の視聴率って何で決まる? キャスター変更は成功したのかな?

No.781

 テレビ各局の報道番組の視聴率、週間最高視聴率だけで比較すると先週は少し〝おもしろい〟動きがあった。ビデオリサーチの先週の報道部門(関東地区)週間最高視聴率ベスト10には、元NHK〝大物〟女性アナを配した番組が相変わらず登場しない。一方で同じ局の別の時間帯の番組が民放番組の中ではトップに躍り出ている。

 一方で、夜の時間帯に君臨し、前身の番組の発足当初は〝驚異〟の20%台視聴率を獲得したという番組の後継番組が、同じ局の別の時間帯の番組に抜かれた。記憶の限りではこんなこと初めてだ。この後継番組も10月改編で女性キャスターを変えた。

 報道番組の視聴率というのは当然のことながら、大きな関心を集める重大事件、災害等があったときは跳ね上がるので、特に週末だけの番組の場合は必ずしも〝公平〟な比較にならないところがあると思うけど、でも少なくとも週間最高視聴率だけを見る限り、番組編成者の思惑? とは違ってキャスター変更だけでは成功していないような気がするけどネ!?

 報道番組の視聴率ってそういうことで決まるのではない、と思うのだけど、てもテレビ局はキャスター人気で視聴率が取れると相変わらず思っているのではないのかネ?!

この記事へのコメント