「膨らむ『通貨外経済』」「物々交換」? その先に労働の〝等価交換〟が実現し〝搾取〟も消える?

No.782

 京都市に「アパートに賃料が要らない一室がある」(12/28/2:00/「日経」電子版)のだそうで、「賃料に見合うモノとの物々交換で住人を受け入れる」(「日経」前同)という取り組みをしている人がいるのだそうだ。「韓国人デザイナーの作品や日本人音楽家の作曲、取材記事との交換」(「日経」前同)等々と。

 今の時代、不要品は「メルカリ」で交換し、車どころか着るものもシェアする時代というから、そういうことを試みる人もいるかもしれない。でもそれがいま、「膨らむ」と表現されるような時代になったのか?

 だいたい、「メルカリ」にしても「シェア」にしても、一旦は通貨と交換するのではないのか? 「物々交換」ではないのだろう。

 「物々交換」とは、それが自分にとって有益ないし必要であると判断され、かつ等価であると判断されたときに成立する。

 この社会現象が突き進むと、労働市場においても、「物々交換」はともかくとして、「等価交換」が実現して、賃金格差どころか〝搾取〟そのものも解消する時代がくることになるのだろうか??

この記事へのコメント