英語民間試験延期。馴れ合い合作の果てに!

No.1047

 英語の民間試験が延期された。

 試験料が高額だとか試験場所が都市部に偏っているとか経済、地域格差等が問題になっている。教育の公平性からいって大いに問題があることは明らかだろう。

 でも一番問題なのは英語試験を導入しよいうとした経緯が不明朗なことだろう。文部科学省はその導入経過を明らかにしようとしない。これでは文科省と民間業者の馴れ合いのままの合作と言われても仕方がない。だから明らかにできないのだろう。

 その結果をそのまま強行しようとした。でも萩生田文部科学大臣の「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」の発言以来自民党内からも延期の声が高まった。

この記事へのコメント